GIANT SCREEN
ハードシステム
通常の35ミリフィルムの、2倍以上の大きさのフィルムを使った映像システムを、一般に『巨大映像』と称しています。巨大映像の中でも、このフィルムの大きさの違いにより、
・ 70mm15P(パーフォレーション)
・ 70mm10P
・ 70mm8P
・ 35mm8P
などの種類がありスクリーンには平面(2D& 3D)とドーム型があります。




大型巨大映像のシステムで最大のものは『IMAX』映像で通常の35ミリの10倍以上、70ミリの3倍以上という、映画史上最大のフィルムサイズを採用しています。理由は、フィルムのコマが大きいほど画質がよくなるからです。フィルムの大きさに、精密な映写技術を組み合わせることによって、限りなく鮮明でシャープな映像を創り出しています。またIMAXの場合、映画を映し出すスクリーンは、大きさが普通の映画館のスクリーンの10倍、高さは8階建てのビルと同じです。高品質の映像が視野いっぱいに広がって、スクリーンの端がどこにあるかさえ気が付かないほどです。観客は、誰もが映像に包み込まれ、映像の中にいるような感覚を味わう事ができます。

フィルム横送り

70ミリ15パーフォレーションの場合、プロジェクターはフィルムを横に送る独自のシステムを採用しています。この方式は、フィルムを通常の映写機のように縦送りにではなく、横に、ちょうど波の動きのように滑らかに送っていきます。
映写中、各コマはレジストピンで固定され、フィルムは真空装置でレンズ後部にぴたりと密着されます。その結果、画面の安定と映像の鮮明度は、通常の水準をはるかに超えています。
[ 写真提供 IMAX CORP. ]

IMAXデジタルについて

IMAXの先端テクノロジーによる世界で最も臨場感のある映像体験

IMAXデジタルシアターのほぼ全ての要素は、世界中の映画観客にプレミアムエンターテイメント体験として知られているThe IMAX Experience®を提供するためにカスタマイズされています。


IMAXデジタルシアターは、IMAX独自の技術とデュアル・デジタル・プロジェクター、緻密に調整されたデジタル・サラウンドサウンドとIMAX独自のシアター設計を統合し、世界で最も臨場感のある映画体験を提供します。IMAXの最高水準の技術規格に準拠して、IMAX独自のイメージ・エンハンサーはDCI標準の水準を超える驚異的に鮮明で明るい映像を提供します。このクリスタルクリアーな映像とIMAXの臨場感あふれるサウンドが最大化された視覚により、他に類を見ない映画体験を2DとIMAX® 3Dで実現します。IMAXシアターの一貫したサービスのために、全てのシステムに対応するワールドワイドな連絡体制を構築しています。ユーザー・フレンドリー、ショーコントロール・インターフェースそして常に最高レベルのパフォーマンスを確実にする洗練されたリモート診断。

IMAX詳細PDF


デジタルプラネタリウムについて

従来のプラネタリウムでは、恒星原板を使用した光学式投影機で投影を行っていました。その視点はつねに地球上にあり、視点が変えられたとしても太陽系内が限界でした。 一方、最新のデジタルプラネタリウムでは、ビデオプロジェクターとコンピュータを主な構成要素としており、奥行きのある空間を作り出すことができるようになりました。それにより、宇宙からの視点に基づいた映像表現や、あらゆる角度からの位置や構造を3次元の世界で投影することが可能になりました。 デジタルプラネタリウムでは、これまでの2次元のスクリーンとは異なり、6台~8台の複数のプロジェクターを使用し、全天周型の映像を大型のドームスクリーン全体に投影します。緻密に計算されたコンピュータグラフィックスと、高度な技術を集約したプロジェクターを通して映し出される映像がスムーズに継ぎ目なく再生されることにより、圧倒的な臨場感と迫力を創出しています。 北米・ヨーロッパでは、E&S社(Evans&Sutherland)、やSky scan社のシステムが有名です。現在、日本で採用されているデジタルプラネタリウムシステムは、主に五島光学研究所のVIRTURIUMⅡと、コニカミノルタのSKYMAX DSⅡがあり、全国のプラネタリウムでこうした全天周型の360度の頭上に広がる、迫力のある宇宙空間が体感できます。また、これまで実写では表現できなかった太古の地球をはじめ、未知の世界も再現することができるようになりました。 これまでのコンテンツは、AMNHヘイデンプラネタリウムが製作した番組に代表される、宇宙科学番組が主でしたが、2007年頃よりIMAX映画をドーム用に編集した自然ドキュメンタリーなども投影されており、コンテンツの幅はますます広がってきています。
JGSS会員コンテンツ
会員ログイン
JGSSについて
JGSS NEWS
海外レポート
作品リスト詳細
シアターリスト詳細
ハードシステム詳細
リンク
上記のメニューは会員限定のコンテンツとなります
本部:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-15-3 人形町藤和ビル5F 事務局:〒334-0038 埼玉県春日部市大沼4-75-50
JGSS概要
JGSSフィルムフェスティバル